BLOG | 最新の記事

すべての記事
  1. ホーム
  2. BLOG
【撮影】平置き撮影の基本
『トルソー撮影の基本』『ハンガー掛け撮影の基本』に引き続き、今回は平置き撮影をご紹介します。
平置きの場合はトルソーやハンガーを使って撮影した場合よりも、1番シワができやすいです。つまり平置き撮影は、素材感が一番伝わりやすい撮影方法になります。
平置き撮影も基本を掴めば特に難しいことはないので、ここで簡単に紹介します!

まず最初に注意しておきたいのが、商品を置く台は必ず斜めにしておくということ。
服を平置きで撮影する場合、商品を真正面で捉えて撮るのがベターですが、カメラマンが真上から撮影するのは難しいので、台を斜めにして少し高い位置から撮影していきます。

続いて服の置き方ですが、これには特にルールはありません。袖を伸ばしても曲げてもいいし、商品のディテールがわかるようにセットします。
次にライトのセットの仕方です。
こちらも特にルールはありませんがここではハンガー掛け撮影と同じようなライティングにします。光は商品の上・サイドから当て、反対側にレフ版を設置します。

ただここで気をつけたいのが、上からの光は商品の真正面ではなく、頭の位置から当てるようにします。こんな感じです。
トルソーやハンガーの場合は商品が起きている状態なので、真上から光を当てましたが、平置きの場合は商品が寝ている状態なので、ライティングの位置を間違えないように注意しましょう!

そして撮ったものがこちら。
平置き撮影の基本といっても特に難しいことはありません。神経質にシワを気にする必要もないし、商品の質感を伝えたいときにはもってこいの撮影方法ではないでしょうか?
逆にシワを目立たせたくない場合には不向きな撮影方法ですので注意です。

ぜひ一度挑戦してみてください。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

電話受付は平日10:00~19:00までとなります。(TEL:03-6698-2100)