BLOG | 最新の記事

すべての記事
  1. ホーム
  2. BLOG
【撮影機材】カメラの選び方と設定
弊社では商品撮影にデジタル一眼レフカメラを使用しております。

今流行りのミラーレス一眼カメラもどんどん性能があがっているので、
今後熾烈なシェア争いが予想されますが、
現時点では様々な状況で幅広く対応可能なデジタル一眼レフを好んで使用しております。

今回はそんなデジタル一眼レフの選び方や設定などを紹介していきます。
一眼レフ選びのポイント
一眼レフ選びのポイントとしては、センサーがフルサイズであるということがポイントです!
APS-C(24mm)と呼ばれる一回り小さめなセンサーもありますが、
商品のディテールを細部まで鮮明に高画質で写し出すことができるフルサイズがオススメです。
明暗差も広く、白飛びも黒つぶれもせず、イメージ撮影をする時に大きなボケを生かしたカットを撮影することが出来るのも特徴です。 

・オススメの一眼レフ
オススメの一眼レフは、明暗差に強いCanon5D4、NikonD850、さらに高解像度を求めるならばCanon5Dsなど5000万画素クラスのカメラを使用するとより鮮明に商品を写し出すことができます。
レンズ選びのポイント
レンズを選ぶポイントとしては、使用しているカメラの純正レンズを使用するということです。

安すぎるレンズだとせっかく高解像度のカメラを使用しても、細部まで鮮明に写し出すことができません。CanonならEFレンズ、NikonならNIKKORレンズなどと言ったように、高価でも純正レンズを使用することは重要です。

また商品撮影では焦点距離も重要で、広角レンズを使用してしまうと商品に歪みが発生するので、90mm前後が最も適していると言えます。
90mm前後であれば、商品の歪みも発生せず、適切なボケなどもしやすいので商品撮影に向いています。

・オススメのレンズ
商品撮影やモデル撮影、その他あらゆる撮影の場合やはり万能なレンズが重宝します。
NikonならNikon AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G EDという準広角から標準そして中望遠までを網羅しているズームレンズ。
CanonならCanon EF 24-70mm f2.8 L USM Lensです。
・特殊なレンズ
商品撮影でオススメするレンズはCanonならTS−E90mm f2.8L 、NikonならPC-E NIKKOR 85mm f2.8D です。 
これらはシフトレンズと呼ばれるもので、アオリ撮影が出来る特殊なレンズになります。
レンズの鏡胴を物理的に動かすことができ、ピントの合う範囲の角度や撮像面に写す範囲を変えることなどができます。
カメラの設定 
商品撮影の場合は、露出計で光量を計り設定していくことが求められます。

そのため、本体はマニュアルにして、ピントの確認してから撮影を行うようにしましょう。

光量はストロボで調節をするので、ISO感度は100〜400と低感度にしておき、極力ノイズを避けるようにします。 

商品を鮮明に写し出したいのならF値は絞り、逆にイメージカットで撮影する場合は絞りは開けてボカして撮るのも良いでしょう。

注意点として、シャッター速度とストロボの同調が決まっており、約1/160〜1/250以上のシャッター速度だとストロボが同調しません。 通常のカメラですと1/125のシャッタースピードが最適です。
綺麗に撮るコツ
綺麗に撮るコツとして重要なのは、ライティングにメリハリを付けることと、背景をいかに演出するかです。 

背景と商品が馴染んでしまうような場合は、商品にエッジを際立たせるようなハイライトをライティングで入れることにより、立体的に写し出すことができます。 
また黒い背景に商品を置くことで、高級感を持たせたりすることもできます。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

電話受付:03-6698-2100 10:00~19:00(土日祝除く)