BLOG | 最新の記事

すべての記事
  1. ホーム
  2. BLOG
【撮影】カメラモードの調整とシャッタースピード
今回はカメラのモードや、シャッタースピードについてご紹介します。

デジタル一眼レフカメラの設定は主に4つの種類があります。
・「P」プログラムオートモード
・「A」絞り優先オートモード(A= apertire アパチャー(絞り)の略)
・「S」シャッタースピード優先オートモード
・「M」マニュアルモード

「P」「A」「S」の3つは、カメラが状況に応じてある程度自動で設定してくれるオートモードです。
皆さまがお持ちのスマートフォンにも「P」プログラムオートモードが搭載されているかと思います。
「M」は自分で設定を行い撮影をするマニュアルモードです。
「P」プログラムオート
撮影をする際にシャッターを半押しすることで周辺の状況をカメラが判断し、適正露出となるように、絞り値(F)とシャッタースピード(S)、感度(ISO)が自動的に決まります。
「A」絞り優先オート 
絞り値のみマニュアルで設定し、その他のシャッタースピード(S)や感度(ISO)はオートになるモードです。
「S」シャッタースピード優先オート
シャッタースピードのみマニュアルで設定し、その他の絞り値(A)や感度(ISO)はオートになるモードです。
「M」マニュアルモード
マニュアルモードはその名の通りすべてマニュアルで設定します。
シャッタースピード(S)や絞り値(A)そして感度(ISO)、撮影したい風景や物の明るさによって調整します。
それではマニュアルモードでストロボを使用した撮影をしてみます。
ストロボを使用する際はシャッタースピードを「1/125」にします。

カメラのシャッタースピードが「1/250」以上など、速すぎる場合画像全部に光が行き届きません。シャッターをきると、カメラ内のセンサーの手前にあるシャッターが開閉するのですが、シャッタースピードが速すぎるとストロボの一瞬の光がセンサーに届く前に閉じてしまうからです。

写真の下だけが暗くなったり、全体に十分な光が届いていない画像が出来上がります。
シャッタースピードを「1/125」にして、絞り(F値)とストロボで光量を調整しましょう。
光量を調整したらあとはグレーカードを使い色温度の調節をし、撮影します。
そして完成した画像がこちらです。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

電話受付:03-6698-2100 10:00~19:00(土日祝除く)