BLOG | 最新の記事

すべての記事
  1. ホーム
  2. BLOG
【撮影】白背景でグラスを撮る
白背景でガラス製品や透明なものを撮影するとき、ただ正面から光を当てて撮影しても光で白く飛んでしまい、ほとんど見えなくなってしまいますよね?
今回はグラスなどのガラス製品をきちんと輪郭を残して撮影する方法をご紹介します。

そもそも白背景で撮らなければいいんじゃないかと思われると思いますが、グラスに絵柄が入っている場合なんかは、やはり白背景で撮影した方がその絵柄がはっきりと綺麗に見えます。
ただ白背景で正面から光を当てて撮影するとこんな感じになります。
これだと完全に白く飛んでしまい輪郭がはっきりと出ないため、わかりづらいうえになんだか平面的に見えます。

ではどうしたらきちんと輪郭を出して撮ることができるでしょうか?
それはライティングの仕方とレフ板で簡単に解決することができます。

まずポイントはメインの光を正面ではなく、後ろから当てるということです。後ろから光を当てることによって、グラスに透明感を出すことができるからです。ここでは白背景を活かして後ろから光を当てるのではなく、「白背景に向かって」光を当てます。背景を綺麗に照らし、さらにその反射した光でグラスをライティングするということです。
しかし光の当て方を工夫しただけではグラスに輪郭を出すのは難しい...。
ということでここでレフ版を使用します。
今回は黒いレフ板を使います。使い方はいたってシンプル。
このようにグラスの両サイドと上にセットするだけです。
サイドと上を暗くすることによって撮影した時にグラスに輪郭が出てきます。あまり近すぎてはいけませんが、商品によってカーブの加減も違うと思うので、それは目で確認しながら配置の間隔を調整するようにしてください。

そして撮れたものがこちらです。
正面から光を当てたものよりははっきりとしていますね。しかし後ろをライティングしただけでは正面はどうしても暗くなってしまうので、そこはサイドと上からの光で補います。しかしここではあくまでもバックライトがメインになるので、明るくなり過ぎないように調節しながら当てるようにしましょう。
全体的なライティングのセットはこうなります。
そしてこのセットで撮影するとこのような仕上がりになります。
輪郭も絵柄もはっきりしていてとても見やすいですよね。グラスなどの撮影は一見難しそうに感じますが、ライティングの仕方を工夫してレフ板を使うという2点のポイントを抑えれば簡単に撮影することができます。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

電話受付は平日10:00~19:00までとなります。(TEL:03-6698-2100)