adflex

ブログ

すべての記事

プロフィール写真撮影や宣材写真等でよく使うライティング【ライト2灯の場合】

撮影スタジオでは白背景でライトを1灯~3灯使用してモデル撮影をすることが多くありますが、1灯の場合や、多灯の場合の仕上がりの違いをご紹介していきます。

今回は2灯での撮影をしていきます。

2灯の場合は1灯の時と違い、メインライトとフィルインライト(サブ光)があるので正面左側からのライトをメインとし、メイン光の対角側をフィルインライトで補助していくイメージで撮影します。
ではまずセットを組みます。
撮影してみます。
画面の右上の髪の部分も光があたっていて、白背景から浮き出るように立体的に前に出てきているかと思います。
1灯の時のよりさらに画面右側の顔も明るくなっています。
このようにメインライトとは対角側にフィルライトを入れることにより立体感が出て全体の明暗バランスも取れます。

ここからは少し変わったライティングをご紹介したいと思います。
「クラムシェル」といって、メイクアップのモデル撮影などで使用される方法です。
クラムシェルとはアサリやハマグリなどの2枚貝の総称で、ボックスのライトを貝のようにセットし、モデルを上下から挟みこみます。

顔全体に光が回り込み、陰影が最小限に抑えられるのでとても明るい印象になります。
下記リンクから1灯、3灯での撮影方法をご紹介しています

お問い合わせ・お見積もりはこちら

お見積り、納期のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

平日10時~19時はお電話でのお問い合わせも承っております。03-6698-2100