BLOG | 最新の記事

すべての記事
  1. ホーム
  2. BLOG
【撮影】黒背景で商品を撮影してみる
商品撮影というと皆様は白い背景をイメージするのではないでしょうか? 
背景には商品の持つ魅力を引き立てる効果が隠されています。 

特に「透明のグラス」のような輪郭がはっきりしづらいものを撮影するときに、白背景で撮影するより黒背景で撮影したほうが、一気に商品の魅力が引き立つようになります。 

商品をより際立たせたいときにはライティングだけでなく、思い切って背景を黒色にして撮影してみましょう。
黒背景のメリット
商品撮影で背景を黒にすると商品に高級感を与え、商品をよりハッキリと見せることができます。 

まずは、グラスを白背景で撮影してみます。
白背景がグラスに溶け込んでしまい、せっかくの透明感が際立ちません。グラスが見えにくいですね。

次は黒背景で撮影します。
黒背景のデメリット
黒背景で撮影する場合は、ライティングの設定が白背景に比べて難しいです。商品のエッジや立体感を際立たせると共に、背景と商品にメリハリが必要なので、前方からのメインライトは適しません。漏れた光で背景が白く濁って汚くなってしまうのです。
ライトの位置がかなり制限されてしまいます。
また上からのライトも商品に反射して目立ってしまいます。
黒背景での撮影のコツ
ライティング位置は商品の真上やフロント、サイドのライティングで背景に当たる光を遮断するように構成することになります。
特にサイド光はストロボの位置が1センチでもズレると印象がかなり変わってくるので、黒背景で撮影する場合は、サイドのストロボはとてもシビアな角度が求められます。
また被写体に当てた光が黒背景に届くのを防ぐために、被写体と背景の間をかなり空けなくてはならず、白背景に比べてスペースを必要とする場合があります。

上からのライトを右サイドにセットしたものがこちらです。
グラスと黒背景が、溶け込むことなく表現できていますね。

このように黒背景での商品撮影は、白背景でのセッティングとは違い、ライティングを工夫しなければなりません。しかし、工夫することによってとても美しい画像を作り出すことができます。

お問い合わせ・お見積もりはこちら

電話受付:03-6698-2100 10:00~19:00(土日祝除く)